小白詰草 語り(戦場のヴァルキュリア、第22章)
2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.16 (Wed)

語り(戦場のヴァルキュリア、第22章)

戦場のヴァルキュリア、第22章「とまどい」の語りです。

AMで観ているため、本放送とは遅れています。
ネタバレになりますので、ご注意下さい。

「続きから読む」でどうぞ。

【More・・・】

みんなと違った力を持つアリシアは
今回、どんな想いだったのでしょうか。

自分でも分からず、タイトル通り戸惑っているのに
周りは考える猶予を与えてはくれない。
仲間も、自分たちとは違った力を持っていたアリシアを
少なからず恐怖し、拒絶してしまった。
大きな力を持っている人を恐怖することは
けして悪いことではなく、人として当然だと
私は考えています。

人は自分より強いもの…動物で例えるなら
ライオンや毒蛇に恐怖すると思います。
(中には、好きな人もいますけど)
それは、ライオンが肉食であり、人を襲うかもしれない
動物であり、毒蛇は種類は様々でも
噛まれれば命の危険にさらされる可能性があることを
私たちが知っているからです。

でも、アリシアの力のことは、誰も知らなかった。
仲間でも、いつもと違ったアリシアを
間近で見てしまった隊のメンバーにとっては
本当に、今までのアリシアのままなのか
疑問を抱いても、仕方のない状況なのでしょう。
その疑問が、結果的にアリシアを傷つけることになっても…。

そんな中でも、ウェルキンが最後まで
信じてくれたことは、やっぱり嬉しかったです。
アリシアに、戻ってきてほしいという気持ちが
伝わってきて、アリシアがスカーフを外すところは
とても心に残っています。

次回からアリシアは、第7小隊を離れるようですが
隊のみんなが、正規軍に食って掛かっている
ところを見ると、少し期待してしまいます。
アリシアが第7小隊に、また戻って来てくれることを
願っています。
来週も、じんわりときてしまうのでしょうか…。

それでは。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 戦場のヴァルキュリア

14:02  |  語り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aneichii.blog83.fc2.com/tb.php/15-9d0c06c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。